建司の書斎

「キリスト者の希望」、「愛を学ぶ」等の著者、故相澤建司の遺稿説教原稿・聖書研究など。

十字架と絶望

復活からみたイエスの十字架の意味  ロマ8:32

2002-11(2002/3/31) 復活からみたイエスの十字架の意味 ロマ8:32 大祭司カヤパと総督ピラトの有罪判決に対する神の判決 イエスの復活は、イエスに対する「歴史的な訴訟」すなわちイエスに対してはられたレッテル「瀆神者」「反乱指導者」「神に見…

十字架  マタイ27:45~50

2002-10(2002/3/24) 十字架 マタイ27:45~50 メシアであるイエスの苦難と十字架の死を《美しい、気高い死》《その時点における贖罪の死であった》として理解することは、いくつかの問題を惹き起こす。 第一に、「十字架のつまずき」(ガラテヤ…

ローマ帝国への叛乱指導者のポイント  ヨハネ18:33~36

2002-9(2002/3/10) ローマ帝国への叛乱指導者のポイント ヨハネ18:33~36 ユダヤ最高法院はイエスに死刑の判決を出した(マルコ14:64、並行)。ところが最高法院はイエスを総督ピラトに渡した。ユダヤの法では瀆神罪には石打ちの死刑が定め…

カヤパの審問  マタイ26:62~64

2002-8(2002/3/4) カヤパの審問 マタイ26:62~64 さてユダヤ教当局、 最高法院でイエスが告発された中心ポイントは、大祭司カヤパの審問にあるように「あなたは讚美される方の子、メシアなのか」(マルコ14:61、マタイ26:63)、すな…

男性弟子たちの逃亡と絶望  マタイ26:43~50

2002-7(2002/2/24) 男性弟子たちの逃亡と絶望 マタイ26:43~50 イエスがユダヤ教当局の者たちによって捕縛されたきっかけは、弟子の一人イスカリオテのユダがイエスを裏切ってユダヤ教当局に金で売ったためであった(マタイ26:14以下)。…

イエスの十字架と絶望  マルコ14:32~35

2002-6(2002/2/17) イエスの十字架と絶望 マルコ14:32~35 イエスは絶望されたのだろうか。ゲッセマネの夜におけるイエスをみてみたい。「やがて彼ら[イエスと弟子たち]はゲッセマネと呼ばれる場所に来た。イエスは弟子たちに言われた『私が…