建司の書斎

「キリスト者の希望」、「愛を学ぶ」等の著者、故相澤建司の遺稿説教原稿・聖書研究など。

死の中で神に出会う

死の中で神に出会うー5

パンフレット2-5 Ⅲ ルターの死についての見解 ルターの「死に対する準備についての説教」(抜粋) ルターは死への恐怖を訴えるある信徒の依頼に応答する説教を1519年に出版した。翻訳は1948年に藤田孫太郎訳が出た(「ルタ一選集I」所収、24ペ…

死の中で神に出会うー4

パンフレット2-4 被造物性としての人間の死ーー創世記2、3章 ここからは「罪の報酬としての死」ではなく、被造物性としての死のテーマを取り上げたい。死のこの二つの形の間には、《「第二の死」からの解放の出来事としてのイエス・キリストの十字架の…

死の中で神に出会うー3

パンフレット2-3 父なる神によるみ子の放棄としてのイエスの死 ロマ8:32「ご自分のみ子を惜しまないで、私たちすべての者のために十字架の死に《引き渡したもうた》方」。ここではイエスの死を父が子を《十字架に引き渡し・見捨てた》行為として解釈さ…

死の中で神に出会う-2

パンフレット2-2 Ⅱ 新約聖書における死の理解 「第二の死」の視点 新約聖書における死についての見解の特徴は、周知のように、イエス・キリストの十字架上の死が中心にすえられている点にある。「新約聖書の認識の中心は、イエス・キリストの十字架の死の…

死の中で神に出会う-1

パンフレット2-1 死の中で神に出会う -聖書における死についての連続説教- 相澤建司 著はじめに このパンフは死についての連続説教をまとめたものである。これまで2年ほど「死について」礼拝で聖書を学んできた。 その過程で、死について、広い視点か…