建司の書斎

「キリスト者の希望」、「愛を学ぶ」等の著者、故相澤建司の遺稿説教原稿・聖書研究など。

忠実な僕、湯浅次郎(民権運動とキリスト教4) マタイ25:14~21

1996-35(1996/12/29)

忠実な僕、湯浅次郎(民権運動とキリスト教4) マタイ25:14~21

 湯浅治郎のこと。湯浅治郎(1850~1932)は、群馬県の安中町の醤油・味噌醸造販売業の家に生まれた。13才のころ数年間、町から三里離れた新井村の岩井友之丞から漢学と数学の手ほどきをうけた。15才で家業を継ぎ、17才で結婚した。22才の時「便覧会」という私立の図書館を建て、無料で町の老人や青年に新聞、雑誌、図書などを閲覧させた。これは日本における最初の図書館の一つであった(湯浅吉郎編「湯浅治郎」1932。この追悼集は次男の湯浅吉郎が略伝を35ページにわたってしるし、柏木義円が25ページにわたって略伝をしるし、他に追悼文を、小崎弘道、浮田和民、徳富蘇峰、海老名弾正、安部磯雄などが寄せている)。湯浅治郎が24才の時、アメリカに渡っていた新島襄が帰国し、故郷の安中に滞在していろいろな講演をした。その折り、キリスト教についても宣教した。多くの人がこれを聞いたが、そのうち「この教えを信ずべく志したのが、湯浅、千木良、森本など七名であった」。3年後の夏湯浅が「聖書を教えてもらいたい」との要望を同志社新島襄に伝えたところ、同志社から若い牧師、海老名弾正が聖書の指導にきた(1877・明治10年)。
 かくして28才の時、便覧会において、新島襄から男女30名が洗礼を受け、安中教会が創立され(78・明治11年3月)、海老名弾正が牧師に就任した。「湯浅氏がキリスト教信者になられた動機は、一は進歩思想、一は厳格なる品行に感激しまた共鳴された所に存すると思います」(海老名弾正の追悼文、前掲書)。「この群馬県の伝道は、ことに安中は一番最初の草分であって 直接外国宣教師の力を借らずに、また各種財政上の補助を受けないで純日本人でやったというのは、群馬県ではいうまでもない、おそらくは日本においても安中であったろう。どうして安中はそういうことができたかというと、それは湯浅治郎氏が一身に費用を負担したからであります。それから明治11年の初春に安中教会が設立せられたが、教会維持については湯浅氏がほとんど全部負担しておられたように見受けられた。これに加えて教会所は湯浅氏の所有便覧所となっていた」(海老名)。湯浅と同時に洗礼を受けた人々は、湯浅とその妻、茂登子ともつ一人のほか、27名すべてが士族出身者かその家族であったから、家禄没収で農民となった士族はきわめて生活が貧しかった。そこで湯浅は教会員の生活を助けるために養蚕所を建てて、自分の桑を提供して、共同で3年間養蚕をやった。おのおのその働きは異なっても、その利益は当分にわけたという。

自由民権運動と湯浅治郎
 当時自由民権の思想は群馬県にも大きな影響を与えた。「明治15年3月、県会議員の有志、湯浅治郎、中島裕八、野村藤太、竹内鼎三、らが発起人となり、民権の拡張、地租の軽減、自由の気運の発達を目的として、前橋町に上毛協和会を組織し、県下の有志を糾合した」(「群馬県史」、武田清子「人間観の相克」1959)。湯浅自身指導的な民権論者であった。自由民権運動の中では商業ブルジュアジーの民権主義者に属す。また民権運動のどの時点でキリスト者になったかについては、片岡健吉、北村透谷などとは違って湯浅は始めからキリスト者として活動したタイプに属す(商業ブルジュアジー・豪農キリスト者民権主義者については、隅谷三喜男「近代日本とキリスト教」参照)。
 湯浅は31才の時県会議員に選ばれ(80・明治14~90・明治23年)この間四回議長に任じられた。
 自由民権運動の立場からみた湯浅の一つの重要な活動は、県会における民権運動の実現、地方自治制度確立であった。湯浅はすでに80・明治13年に郡長の民選制度の設立を建議した。これは結果的には内務卿の通達で実現しなかった(武田清子、前掲書)。
 続いて82・明治15年、湯浅らは「地方官民選の建議」を出した。「今の地方官たる中央政府の特命をもって職を奉ずる者なるゆえ、全く人民と痒痛休威を同うせず。どうもすれば官威を借りて人民を圧するなどの弊万これなきを保すあらざるなり」。長官・知事が県民の民心にそむく時には、過害が起こる、人民が将来抑圧を受ける不幸を免れるために、県令(知事)、書記官を従来の中央政府からの派遣、官選を改めて、県内の「公選」にすべきだ、その代わり地方官吏の俸給はすべて地方税をもって支出してもよい、との建議案であった。反対意見に対して、湯浅は「我々をして撰ばしめれば、必ず我々が望みに適する所の人を挙げるを得ん。すでに望みに適する所の人を得ば、これ一県人民の幸福ならずや。官撰はこれと異なりその利害得失多言を要せずして明けし」と反論した(武田、前掲書)。しかし票決は11対19で廃案になった 地方官の民選の構想は当時どの府県にも類例のない画期的なものであった。大多数の民権運動が、藩閥中央政府による各地方に対する官僚支配を飛びこえて、直接政府に憲法の制定と国会議員民選を要請するものであったのに対して、湯浅らの闘いは、藩閥政府による官僚的な地方支配にその時点で真っ向から対抗して、県民自らが地方自治を確立、形成しようとするものであった。後にふれるように、廃娼問題において県会は、廃娼の決議をないがしろにした、政府派遣の知事を免職に追い込んでいる。
 もう一つは廃娼運動である。82・明治15年、群馬県会開会中、湯浅は「娼妓そのものを全廃するを可とすると提唱せられ、45名の議員中賛否不明の者2名のほか全部賛成で可決。…県下の貸座敷業者はこれを聞いて大いに驚き、その翌日四・五十名相率いて、湯浅翁の旅館藤野屋に押懸けた。野村藤太、宮口二郎、中島裕八、斉藤壽雄(いずれもキリスト者議員で、野村は伊勢崎教会、宮口は安中教会、斉藤は甘楽教会)の四氏は次の間におられたが、湯浅翁一人出で接見せられ、彼らは『今回の県会は娼妓および貸座敷を廃止したる由、はなはだ不都合千万である。もし娼妓が悪るくば買わぬがよい、われわれ永年該業を営みいた者が突然廃止されては百余戸の者が生活を失い、ひいては他の商売の者の死活にも関する大事である、是非この決議は取消されたい』と肉追した。翁は平然として『娼妓貸座敷は昔より飯盛といい、女郎ともいい宿駅問屋場にて人足の足留策として要望せられ、御上で黙許されたのみである。今や諸大名封土奉還いずれも東京在住となり、宿駅の人馬はすべて相待雇となりて、また問屋場の必要はない。したがってまた娼妓在置の要もなく、かえって風教上有害無益だから、これが廃止を建議したのである。諸君にしても有益無害と認むるならば、諸君またこれを建議するは諸君の自由である。自分らの建議を取消すことは断然できぬ』といい放ちたれば、背後に立ちいる多勢中『湯浅を引きずり出してやれ』などと叫ぶ者もあり。翁自若として日く『前にいる人々は陳情すると云い、後に立つ者は暴言を吐く、いずれが本当の態度であるか、それによって当方の考えもある』。とお隣が警察署であったから、間もなく一同は解散させられた。かくてその(明治十六年四月県令第二十七号をもって明治二十一年六月を限り貸座敷業および娼妓稼業一切を廃止すると布達された。当時翁三十三才」(柏木義円の追悼文、前掲書)。
 その後の経過について、安部磯雄は次のように語っている。手始めに83・明治16年に伊香保の貸座敷が廃止された(イギリスが廃娼令で貸座敷を全廃したのは1886年で、群馬県のほうが3年早かった)。しかしながら、全県下の貸座敷の廃止が断行される、明治21年6月が近づいてくると、貸座敷業者の巻返し的な暗躍が激しさを増した。当時の県知事、佐藤輿三は5月に、貸座敷営業廃止は当分延期す、という命令を発して貸座敷業者の擁護しようとした。県会議員や廃娼運動の側がこれを承認するはずがなかった。明治23年、当時議長であった湯浅は県会で再び将来娼妓貸座敷廃止令を変更してはならないとの決議をあげた。そこで知事は廃娼運動の特に強い、新町、安中、妙義の三つの町の廃娼を断行したがその外の町は手つかずにした。県議会が開かれ、議員らは知事の不当な行為を詰問した。知事はついに県会を解散し県会議員選挙となった。その結果廃娼に賛成した35名のうち、33名が当選して知事は追いつめられた。そこで県会は県議斉藤壽雄を上京させて、知事の不当な行動を大臣に報告させた。そこで中央政府は佐藤知事を免職にした。かくして最初の県会の決議から5年遅れて、明治26年12月、群馬県全部の貸座敷が廃止された(安部磯雄の追悼文、前掲書。安部磯雄は、1865~1949。同志社に学び、新島要より受洗、渡米して社会主義を学び、後にユニテリアンとなる。明治34年社会民主党を結成し、以後社会民主主義者として行動)。
 湯浅は最初の民選国会議員に選ばれて(90・明治23年)、2年間国会議員をつとめた。しかし予算案を一割削減する提議をしたが採用されず、また特に国家財政に関して剰余金は必ず国債の償還に充当するべきだとの案を提議したが、国家予算の問題には全く暗い当時の議員には理解されず、この案も採用されなかった。議員をやめた以後湯浅は、新島襄の求めで、同志社の財政たて直しに努めた。
 さらに警醒社という出版社を起こし(明治16年)、植村正久の「真理一班」(明治17年)、小崎弘道の「政教新論」(明治19年)、徳富蘇峰の「将来の日本」(同年)、蘇峰の雑誌「国民の友」(明治20年)などを出版した